H2&DXとMeattech、水素調理で美味しくなる食材をスコアリングする研究を開始

水素の利活用コンサルティングおよび、水素コンロの製造・販売を行う株式会社H2&DX社会研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役:福田 峰之、以下H2&DX)は、株式会社Meattech(本社:東京都港区、代表取締役:中山 智博)と共同で水素調理によって、より美味しくなる食材の相性をスコアリングする研究を開始いたしました。 水素を利用した調理の普及に向け、水素調理が食材に及ぼす影響と適した食材の研究に挑戦します。

H2&DXは、燃焼時に二酸化炭素を発生せず、食材そのものの香りを楽しめ、外カリカリ、中ジューシーな焼き上がりとなる水素調理を提供しています。H2&DXは、水素コンロでの調理を提供する中で、劇的に美味しくなる食材を探求してきました。
そこで、牛肉の味覚分析をはじめ、さまざまな部位や焼き材を利用した商品開発などフードテックに取り組むMeattechと共同で、水素コンロで調理した食材の科学的分析をもとに、水素調理とのマッチング度の高い食材をスコアリングする研究を進めてまいります。
本取り組みによって、今後水素コンロの導入を検討いただく企業や飲食店の手がかりとなるようなデータやノウハウを蓄積し提供してまいります。

■株式会社Meattechについて
「テクノロジーによって畜産業の未来を考える」をテーマに、テクノロジーを活用した畜産業の支援を実施、具体的なツールとしては、育成・肥育過程における牛群(棚卸資産)の管理、各種基金申請ツールの提供、血統別の牛格付け評価の分析を行う。また、牛肉のブランド形成の支援として牛肉に特化した味覚分析評価を行い、販売プロモーションの支援も展開。
URL:https://meattech.jp/

プレリリースについてはこちら

TOP